プロローグ

西暦2000年、南極に巨大な隕石が衝突。
人類の歴史上最大の大災厄、「セカンド・インパクト」である。
これによる気候変動、世界経済の崩壊により、世界の人口はたった半年で半減した。

15年後、ようやく世界が平和をとりもどしたころ、「使徒」とよばれる、正体不明の巨大な戦闘兵器が地球に現れる。

しかし、「使徒」があらわれることは以前から予測されており、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発していた。
そのパイロットには、3人の少年と少女が選ばれたのだった。

STAGE.1 使徒、襲来

2015年の夏のある日、日本のとある町に、海から巨大な怪物が現れる。

誰が名付けたのか「使徒」と呼ばれるその生命体は、国連軍により攻撃される。
大量の戦車や戦闘機たちが、使徒に攻撃を加える。

ちょうど同じ時刻。
少年「碇(いかり)シンジ」は、10年以上前から別居している父親に呼び出されて、この町の駅に来ていた。

突如はじまった怪物と軍の戦闘にまきこまれてしまう彼だが、「葛城(かつらぎ)ミサト」という女性によって、車で助け出される。
葛城は、彼を迎えに駅に来る予定だった女性だ。

逃げる途中、怪物と、あらたにあらわれたもう一体の巨人が戦うのを目撃するが、巨人は負けて地下に逃げてしまう。

怪物は、軍の強力な兵器”NN地雷”によって、巨大な火の玉と化すが、ビクともしない。
これにより司令部は、軍を撤退させた。
代わりに、作戦の指揮権を「碇」という男に任せ、戦闘はネルフという機関が担当することとなったのだった。

特務機関ネルフは、国連直属の非公開組織。
葛城ミサトと碇シンジの父親もそこで働いているということを、ミサトはシンジに語る。
この街の地下にある巨大秘密基地がその本部である。

少年は父親と会うことを不安に思いながらも、その基地へと入っていった。
その様子をモニターで監視する父親、碇ゲンドウは、「予備が届いた」と言う。

キーワード
・「15年ぶりですね」:怪物が現れた時、司令室の男はこうつぶやく。15年前にも地球に怪物が現れていたことが読者にわかる。
・使徒:イエス・キリストの弟子のことを「使徒」というが、ここでは怪物に対して使徒と言っている。
・NN地雷:この作品に出てくる架空の兵器と思われる。
・UN:国連のこと。

STAGE.2 再会・・・

巨大な施設の中を歩く、シンジとミサト。
途中から、赤木リツコと名乗る女性に案内される。
彼女はシンジのことを「サードチルドレン」という。

リツコがスーパーコンピュータ「MAGIシステム」に分析させたところ、先ほどの怪物「使徒」は、A.T.フィールドとよばれるものを持ち、学習能力もある、一種の知的生命体だという。それは「エヴァといっしょ」だという。

シンジはなんのことかさっぱりわからぬまま、地下の薄暗い巨大貯水池をボートで移動する。
その先にあったものは、先ほどの巨人だった。

リツコが言うには、これは厳密にはロボットではなく、人類最後の切り札、人造人間エヴァンゲリオンの初号機だという。

その時、階上にあらわれたのは、シンジの父親、碇ゲンドウだった。
彼はシンジにたいして、これに乗って使徒と戦えと命じる。
ミサトは反対するが、ゲンドウとリツコは他に方法がないという。

シンジは自分にはできるわけがないといい、再会の喜びもない父親に怒りをぶつける。
しかし、ゲンドウは「人類の存亡がお前の肩にかかっている」という。
それでも拒否するシンジに対し、「わかった。お前など必要ない。」と言い放つゲンドウ。
代わりに連れられてきたレイというパイロットは、点滴を打たれた包帯だらけの少女だった。

黙ってレイを見つめるシンジ。
そのとき、基地に轟音が鳴り響いた。
使徒が真上に迫っていたのだ。

キーワード
サードチルドレン:「3人目の適任者」と書いてサードチルドレンと読ませる。
強羅最終防衛線:現在の神奈川県足柄下郡箱根町強羅のことだろう。
進行ベクトル修正:単に進行方向が変わったということだろう。
「3年ぶりの息子との対面か・・・」:ゲンドウがシンジの前から去って10年以上だが、会うのは3年ぶりということがわかる。
A.T.フィールド:バリアのようなもの。謎めいた存在。

STAGE.3 初号機、出撃

使徒の攻撃により、天井が崩れはじめるネルフ本部。
レイのベッドが壊れ、シンジが助ける。
爆音が鳴り続ける中、ミサトとゲンドウはシンジを挑発する。
大人しくなり、エヴァに乗ることを了承するシンジ。

コクピットに座るシンジ。コクピット内は呼吸できる液体、LCLで満たされていた。
リツコはデータを確認し、シンジとエヴァンゲリオンの相性の良さに驚く。
スタッフたちが、けたたましく発進準備を始める。
使徒を倒さない限り、人類に未来はないというゲンドウ。
ネルフの地下要塞から、巨大な電気式リフトに載せられたエヴァが発進した。

しかし、地上に出るとすぐ目の前には、使徒が居たのだった。

キーワード
LCL:肺の中に満たすことで液体呼吸できる。
A10神経:ドーパミン神経系、快楽神経とも呼ばれる。
シンクロ誤差:エヴァとそのパイロットとの神経回路の同調率をシンクロという。誤差が具体的に何かは不明。
アンビリカルブリッジ:電源
拘束具:ここではまだわからないのだが、エヴァンゲリオンの能力をあえて弱める為の器具。
オールグリーン:異常無しという意味。

STAGE.4 沈黙・・・

エヴァを使って歩くことはすぐに出来たシンジ。
リツコやミサトは、そのことに喜ぶ。
しかし、止まることができない。

やけになったシンジは、そのまま使徒にむかって突進するも、かわされてしまう。
ビルに激突してしまうエヴァ。
そこを使徒に捕まえられ、腕を破壊されてしまう。
激痛の中、動けなくなったシンジ。
使徒の手の先からほとばしる光線により、エヴァは頭部をつらぬかれ、破壊されてしまう。
通信回路が切断され、シンジは生死不明になってしまう。

STAGE.5 光の淵に見たもの

気絶するシンジは、不気味な幻覚を見る。
宇宙空間のようなところに浮く自分を、死んでいるものと思うのだった。
そこに現れた光。その中から現れた光る女性。しかし、近づくとそれは見たこともない顔の生命体だった。
絶叫するシンジ。

それにより暴走したエヴァは、信じられないような運動能力で使徒と戦い始める。
猛烈な速さでかけだし、使徒にジャンプして蹴りを食らわすと、とっさに回転して後退した。
リツコとミサトは、その光景を信じることが出来ない。

襲い掛かってくるエヴァに対し、使徒はA.T.フィールドをつかい、防御する。
リツコとミサトは、使徒がA.T.フィールドを使うことに驚きながらも、これではエヴァは近づくことが出来ないとくやしがる。
するとエヴァは、潰されたはずの腕を一瞬で回復させ、自身もA.T.フィールドを使い、敵のA.T.フィールドを中和しはじめた。
使徒のビームをもはじき、使徒に膝蹴りを食らわすエヴァ。
エヴァからの連続攻撃に対して、使徒はエヴァに抱きつき、自爆した。
爆発は街全体におよび、巨大な光は、はるか遠くからも見えるほどに。

言葉を失う司令部。
しかし、初号機もシンジも無事であった。

STAGE.6 ボクハナク

シンジは夢を見ていた。
アスファルトの路上を裸足で逃げるシンジ。そこへ、地面の中から、巨大なエヴァンゲリオンのような怪物が現れ、シンジを捕まえようとするのだ。
目を覚ますと、そこは病室のベッドだった。

同じ頃、ゲンドウは薄暗い会議室で、謎の男たちに叱責されたいた。
初号機の修理代やビルの修復代に、国が傾くほどのカネがかかるというのだ。
そして、肝心なことを忘れるなという。
「人類補完計画こそが唯一の希望なのだ」と。

シンジの病院の待合室のテレビのニュースでは、第3新東京市で爆発事故があったとアナウンサーが伝えている。
エヴァや使徒のことは報道されなかった。それは、ゲンドウの情報操作によるものであった。
しかし、すべては夢だったのではないかと思うシンジ。

その横を傷ついたパイロットの少女(綾波レイ)がベッドに横たわったまま移送されていく。
そこにはゲンドウもいたが、一言もシンジと言葉をかわさなかった。

シンジの様子を心配したミサトは、シンジと一緒に住むことを勝手に決める。
車でマンションへ向かう途中、ふてくされるシンジに対し、ミサトは第3新東京市の全貌を見せる。
ビルが地面から生える様子を見たシンジは驚愕する。

夕日の中、ミサトはシンジの健闘を称える。
それを聞いたシンジは涙を流す。
彼は本当は父親にほめられたかったのだ。

巻末

巻末では、再度おおまかな設定が述べられる。
人類の過半数が死んでから15年後の日本は、コンビニの棚が埋まるくらいに復興している。
東京は捨てられ、長野県に遷都している。そこが第2新東京市である。

第3新東京市は、迎撃要塞都市である。新東京と名がつくものの、こちらに遷都する計画は実際はない。
使徒が繰り返し襲来するのは、この第3新東京市である。

シンジは他人との接触を怖がる少年である。
ミサトも、他人との接触をできるだけ軽くする女性。
傷つくことを極端に恐れている点は、二人に共通している。

また、エヴァンゲリオンのデザインコンセプトは、「鬼のようなイメージ」とのこと。