STAGE.20 アスカ、来日

ネルフ本部で、戦闘シーンの映像を見るミサトとリツコ、そしてシンジ、レイ。
その映像には、新横須賀沖での国連艦隊と使徒の戦闘が映し出されていた。

巨大なサメとエイを合わせたようなボディに、無数の牙を持つ使徒。

それに対して艦隊は魚雷を発射するも、まったく歯が立たなかった。
そこへ、後方の輸送船からあらわれたエヴァンゲリオン弐号機。

海中から跳びかかってくる使徒を、弐号機は一気に剣で切り裂いた。

映像が終わり、この弐号機のパイロット、つまりセカンド・チルドレンについて尋ねるシンジ。
リツコが言うには、パイロットの「惣流(そうりゅう)」は、14歳で大卒だという。

放課後、シンジはトウジたちと徒歩で帰る。
道すがらのゲームセンターで、一人の少女を見かける。
その少女は、不良少年たちをなぎ倒し、暴言を吐いていたのだった。

シンジが本部につくと、そこには先程の少女がいた。