STAGE.7 閉じゆく心

第2巻冒頭

シンジが案内されたミサトのマンションの部屋は、ひどく散らかり放題であった。
冷蔵庫の中身はビールばかり。
大きな冷蔵庫にはペンギンが住んでいた。

翌日、学校に通い始めるシンジ。
そこでは、教師がセカンド・インパクトについて講義していた。
南極が溶解したこと、海面が20メートルも上昇したこと、そして干ばつ、洪水、火山の噴火、経済恐慌、民族紛争、内戦により、世界の人口が半年で半分になったということ・・。

転校生のシンジは、他の生徒達から「例のロボット」のパイロットと噂されていた。
同じクラスには、あの包帯の少女も居た。

女子生徒に問い詰められ、パイロットであることをしぶしぶ認めたシンジ。
すると、鈴原トウジという男子生徒が喧嘩をうってくる。

トウジの妹は、先日のエヴァと使徒との戦いのときに、ケガを負って病院に入院していたのだ。
その責任をシンジにおわせるトウジ。
しかしシンジはそっけない態度で、まるで彼を相手にしない。
怒りを買ってしまったシンジは一発殴られるが、それ以上はトウジの友人のケンスケと学級委員長に止められる。

夜間はネルフの基地で訓練を続けるシンジ。
インダクションモードでエヴァを操作し、巨大な銃で的を撃ちぬいてゆく。

毎日淡々と学校と訓練を繰り返しているかに見えた。
だが、1週間前までシンジが住んでいた叔父の家からは何も連絡がない。
そのことをミサトは心配する。

シンジの心と体はすでに少しずつバラバラになってきていた。
自分の身につらいことがあっても、他人ごとのように見つめるのだ。
そうやって彼は生きてきたのだった。

心を体の奥に閉じ込めて、痛みも恐怖も感じないようにと努めるのだった。
そして、シンジの訓練は順調だった。

キーワード
インダクションモード:脳波シンクロではない・・とのことだが、つまり手足の動作でエヴァを動かすことなのだろう。