巻末

巻末では、再度おおまかな設定が述べられる。
人類の過半数が死んでから15年後の日本は、コンビニの棚が埋まるくらいに復興している。
東京は捨てられ、長野県に遷都している。そこが第2新東京市である。

第3新東京市は、迎撃要塞都市である。新東京と名がつくものの、こちらに遷都する計画は実際はない。
使徒が繰り返し襲来するのは、この第3新東京市である。

シンジは他人との接触を怖がる少年である。
ミサトも、他人との接触をできるだけ軽くする女性。
傷つくことを極端に恐れている点は、二人に共通している。

また、エヴァンゲリオンのデザインコンセプトは、「鬼のようなイメージ」とのこと。