STAGE.5 光の淵に見たもの

気絶するシンジは、不気味な幻覚を見る。
宇宙空間のようなところに浮く自分を、死んでいるものと思うのだった。
そこに現れた光。その中から現れた光る女性。しかし、近づくとそれは見たこともない顔の生命体だった。
絶叫するシンジ。

それにより暴走したエヴァは、信じられないような運動能力で使徒と戦い始める。
猛烈な速さでかけだし、使徒にジャンプして蹴りを食らわすと、とっさに回転して後退した。
リツコとミサトは、その光景を信じることが出来ない。

襲い掛かってくるエヴァに対し、使徒はA.T.フィールドをつかい、防御する。
リツコとミサトは、使徒がA.T.フィールドを使うことに驚きながらも、これではエヴァは近づくことが出来ないとくやしがる。
するとエヴァは、潰されたはずの腕を一瞬で回復させ、自身もA.T.フィールドを使い、敵のA.T.フィールドを中和しはじめた。
使徒のビームをもはじき、使徒に膝蹴りを食らわすエヴァ。
エヴァからの連続攻撃に対して、使徒はエヴァに抱きつき、自爆した。
爆発は街全体におよび、巨大な光は、はるか遠くからも見えるほどに。

言葉を失う司令部。
しかし、初号機もシンジも無事であった。