STAGE.1 使徒、襲来

2015年の夏のある日、日本のとある町に、海から巨大な怪物が現れる。

誰が名付けたのか「使徒」と呼ばれるその生命体は、国連軍により攻撃される。
大量の戦車や戦闘機たちが、使徒に攻撃を加える。

ちょうど同じ時刻。
少年「碇(いかり)シンジ」は、10年以上前から別居している父親に呼び出されて、この町の駅に来ていた。

突如はじまった怪物と軍の戦闘にまきこまれてしまう彼だが、「葛城(かつらぎ)ミサト」という女性によって、車で助け出される。
葛城は、彼を迎えに駅に来る予定だった女性だ。

逃げる途中、怪物と、あらたにあらわれたもう一体の巨人が戦うのを目撃するが、巨人は負けて地下に逃げてしまう。

怪物は、軍の強力な兵器”NN地雷”によって、巨大な火の玉と化すが、ビクともしない。
これにより司令部は、軍を撤退させた。
代わりに、作戦の指揮権を「碇」という男に任せ、戦闘はネルフという機関が担当することとなったのだった。

特務機関ネルフは、国連直属の非公開組織。
葛城ミサトと碇シンジの父親もそこで働いているということを、ミサトはシンジに語る。
この街の地下にある巨大秘密基地がその本部である。

少年は父親と会うことを不安に思いながらも、その基地へと入っていった。
その様子をモニターで監視する父親、碇ゲンドウは、「予備が届いた」と言う。

キーワード
・「15年ぶりですね」:怪物が現れた時、司令室の男はこうつぶやく。15年前にも地球に怪物が現れていたことが読者にわかる。
・使徒:イエス・キリストの弟子のことを「使徒」というが、ここでは怪物に対して使徒と言っている。
・NN地雷:この作品に出てくる架空の兵器と思われる。
・UN:国連のこと。