アンビリカルケーブル

名前の由来は、へその緒を意味する英語、umbilical cordである。
エヴァンゲリオンの作品内の造語ではない。現実世界の一般的な用語であり、ロケットや潜水艇に電気を供給するケーブルの名前。

アンビリカルケーブルの構造は、3極のプラグであり、エヴァの背中に挿して使用する。
供給しているのは電力である。
このケーブルがない限り、エヴァンゲリオンは5分しか活動できない。

プラグの脱着は、エヴァ本体で手動で行う。
また、外す際は自動的にもできる。プラグも巨大なため、地面に落下した際は衝撃も大きい。それを抑えるための噴射ノズルも組み込まれている。

第3新東京市内の各所には、電源ビルがあり、エヴァンゲリオンのための予備ケーブルが装備されている。