STAGE.26 瞬間、心、重ねて

第3新東京市にせまる使徒。その動きは、マギの予想より3時間も早かった。
発進時刻になっても現れないシンジとアスカ。
ミサトが部屋に駆けつけると、二人はまだ寝ていた。
無理やり引っ張り出して、エヴァに載せるも、不安でたまらないミサト。
それとは対照的に、エヴァに搭乗した二人は、自信たっぷりであった。

発進と同時に、使徒の上にジャンプする二人。
そして音楽が鳴り出す。
それぞれのエヴァが、2体の使徒に同時に膝蹴りを食らわす。
着地するとすぐにライフルを手に取る初号機と弐号機。

使徒に対して同時にライフルで攻撃すると、すばやく後ろにバク転して距離をとる。
盾を前に構え、使徒の攻撃を防ぐ。
使徒の攻撃が途絶えた瞬間を狙い、使徒にライフルを打ち込む二人。
それにかまわず突き進んでくる2体の使徒に対し、ミサトが援護射撃を要請。
市内の攻撃設備から、使徒に向けて一斉に弾丸が降り注ぐ。

2体の使徒が動きを止めた。
その瞬間、シンジとアスカは、大ジャンプキックを使徒のコアにくらわすことに成功。

大爆発を起こす使徒。
シンジとアスカは、お互いを罵りながらも称えるが、そのままコクピットの中で寝てしまった。

第4巻完